組合概要

Home > 組合概要

kumiaigaiyou1604

当組合は、平成7年に新庄市、最上町、舟形町、真室川町、大蔵村、鮭川村、戸沢村の一市三町三村の森林組合合併により設立され、平成28年4月現在、組合員数3,628名、出資金総額141,732千円で運営しております。

出羽丘陵と奥羽山脈に囲まれた新庄盆地に位置し、西に最上川、それにそそぐ鮭川、銅山川、小国川等の中小河川が流れ、風光明媚な地域となっております。当組合が管轄する林野面積は130,000ha、国有林は100,000haとおよそ77%を占め、民有林は約30,000haで23%と国有林の占める割合が極めて高い地域であります。そのような中でも民有林の人工林率は56%となっており、県内屈指の林業地でもあります。

組合の組織概要については、総務課、森林整備課、林産振興課、販売課の4課体制で、主な事業としては森林整備事業(やまがた緑環境税事業含む)、林産事業(丸太販売含む)、加工事業(山菜加工)となっています。

組合概要

最上広域森林組合|山形県最上郡

最上広域森林組合

外観

〒999-5312
山形県最上郡真室川町大字新町字下荒川270−1

お問い合わせ

ページトップへ